ピカピカ住宅を手に入れる|綺麗な住宅づくり

様々なプラン

増改築やリノベーションなどトータルリフォームにも種類がある

住宅商品の中でもリフォームは非常に多岐に及ぶ商品が存在します。その種類としてはインテリアやエクステリア、生活向上のためのリフォーム、そしてトータルリフォームと呼ばれるものがあります。 特にトータルリフォームは大規模な住宅改修となるため、生活空間の再設定であるリノベーションなども含みます。また昨今注目されている耐震増強工事もやはりこれに含まれます。増改築によって建物の延べ床面積を増やして、建て増しをすることもできます。 またアパートやマンションの大規模な建物メンテナンスもトータルリフォームに含まれることがあります。古くなったアパートやマンションを外壁を塗りなおしたり、新しい住宅設備を取り入れるといった事が行われます。

類似競合する建物の新築との比較をする

古くなった建物をどうするかは、3つの方策があります。1つ目はそのまま使い続けることで、その場合は主に小規模修繕を定期的に繰り返すことになります。 2つ目はリフォームをすることで、建物の古い部分については改修によって作り変え、新たな機能を追加するなどして、現在の利用者にとって使いやすい建物へと変更を行います。 そして3つ目が新築建て替えであり、既存の古い建物を取り壊して新たに建物を新築します。 このうち、リフォームと新築は類似競合するものとして、どちらを選択するか往々にして迫られがちです。リフォームと新築はそれぞれ利点と問題点があります。費用の違いや施工期間の違い、施主の嗜好などによってどちらが良いかは違って来ます。