ピカピカ住宅を手に入れる|綺麗な住宅づくり

環境に配慮する

環境問題との関係について

近年リフォームが注目をされています。リフォーム自体は40年以上前からありましたが、今の時代とは少し違い、当時はあまりリフォームを利用する人は少なかったのです。リフォームには環境問題にも関係した側面があり、単に家を買った時の状態に戻すという意味もあるのですが、まだ使えるものは使うという意味合いもあるのです。 これによって、廃材を減らすことが可能になりますし、新たに木を切る必要もなくなる点を考えると、これからもリフォームはさらに認知度が上がり、利用する人が増えてくるでしょう。 環境問題は意外と深刻です。このまま進むとあと10年もすれば北極の氷の多くが溶けてしまい、地球全体の水位が上がってしまうとこが懸念されています。

リノベーションとの違いを知ろう

リフォームが広まる過程で、リノベーションという言葉が出てきたのをご存知の人も多いかと思います。リノベーションとは、家を新しくし、しかも付加価値が付くように機能面で価値を上げるための工事です。壁紙を張り替えたり、フローリングを敷き直したり、外壁塗装をすることはリフォームですが、2階の南向き部分をぶち抜き、吹き抜けにして大きな窓を付け、あまり太陽が当たらない1階リビングの部分に光を届けることはリノベーションです。 ただリフォームとリノベーションの区別はグレーゾーンも多く、はっきりと分けることができないと言われています。これは高速道路にあるパーキングエリアとサービスエリアぐらいあいまいなものでなのです。